昔ながらの趣が残る宿場町「鳥居本宿」で十割そばを【彦根・百百百百】

百百百百

滋賀に引っ越してから食べる機会が圧倒的に増えたのが「蕎麦

京都に住んでいた頃は「年越しそば」くらいでしか口にしなかったんだけど、今は探して食べに行くほど。

伊吹(米原)の「伊吹そば」多賀の「多賀そば」など、近場に蕎麦の産地が多く蕎麦屋さんもよりどりみどり

しかし逆に(?)うどん屋さんが少なくて寂しかったもするんだけど

蕎麦の味がわかるのか? と聞かれると、「正直わからん」だけど

でも「好きじゃなかった蕎麦」はあって、もちろん「好きな蕎麦」もある

好みのお蕎麦屋さんを探して情報収集。で、教えてもらったのがここ「百百百百」さん。

鳥居本宿の趣きあるお蕎麦屋さん

百百百百 外観

鳥居本宿」という昔ながらの街道。古くからの建物が並ぶ、趣のある町並みにふさわしいお店。

建物も雰囲気があってステキ。

週末には行列ができたり、早い時間に売り切れたりするんだそうで。

「十割そばがとにかく旨い」
「早めに行かないと食べそびれる」
「挽きぐるみを食べてみて」
「豚の角煮丼がさっぱりしていて美味しい」

などとご近所の蕎麦好きさんから、いろんな情報が寄せられていて、それだけで愛されているお店だってわかる。

-スポンサーリンク-


十割そばをセットで味わう

百百百百 蕎麦

今回は2人で行ったので「挽きぐるみ」と「丸抜き」を別々にオーダー

セットメニューも追加して、噂の「豚角煮丼」も食べちゃう寸法

ちなみにセットはこんな感じ

  • Aセット(400円):とろろ、ごはん、そば豆腐
  • Bセット(500円):国産豚角煮丼、そば豆腐
  • Cセット(250円):そば団子、だし巻き卵、そば豆腐

どれを選ぶか悩んじゃうんだけど、こっちも「いろいろ食べてみよう」と、「Aセット」と「Bセット」で

百百百百 そば豆腐

そば豆腐」はどちらのセットにも登場

ぷるんと心地いい食感が楽しい。わさびをちょっとつけてね

お蕎麦「挽きぐるみ」と「丸抜き」

百百百百 挽きぐるみ

そばの実を丸ごと挽いてつくる「挽きぐるみ

百百百百 丸抜き

黒い殻はとって挽いたものが「丸抜き

だからこっちの方が色が白い

色が違うから見た目も違うし、香りも味も全然違う!

どっちが好きか? は好みによるんだろうけど、次に行ったら「挽きぐるみ」かな?

これがオススメって話はすごくよくわかる

Aセット

百百百百 とろろ

Aセットは「とろろ」と「ごはん」のセット付き。

とろろご飯として食べてもいいし、とろろ蕎麦にしてもいい。

とろろはあっさりクセのない感じ。お蕎麦と合わせて食べるのも絶対ステキだ。

Bセット

百百百百 角煮丼

Bセットは国産豚角煮丼

きちんと角煮なんだけど、意外なほどさっぱり。

最初は「お蕎麦屋さんで角煮ってミスマッチじゃない?」なんて思ったんだけど

食べてみると「お蕎麦屋さんの角煮!」な感じの、ここでしか食べられない味。でしかも旨い。

角煮とご飯の間に敷かれたもやしがいい味出してるのかも!?

これは「食べてみて」って言いたくなる気持ちがわかる。

だって自分も「百百百百」さんに行くって人がいたら「角煮丼すごいよ」って言いたいもん

-スポンサーリンク-


お蕎麦の味はわからないけど、間違いなくここのは「また食べたいお蕎麦」

最初だから冷たいお蕎麦にしたんだけど、あったかいお蕎麦も食べてみたい。

「次はこれ食べよう」「あれも食べてみたいな」って思えるお店は、人にオススメしたいお店でもあるから。

平日でもウェイティングが出るほどだったので、そんなにおすすめしちゃいけないのかもしれないけど…

それでもやっぱり「おすすめ」。

データ
そば処 百百百百
住所 : 滋賀県彦根市鳥居本町1804


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です