オススメ! 彦根の”麺” 毎日食べたい懐かしい味「ミツワ食堂」

ミツワ食堂

彦根を中心とした地域の、大好きな麺類のお店を独断と偏見でご紹介。

じわっと更新していきます。データなどは基本的に書いた段階のものになります。

今回は中華そばの名店! と、信じてやまない「ミツワ食堂」さん。

銀座商店街にある、昔ながらのお店「ミツワ食堂」

ミツワ食堂 外観

彦根の老舗商店街・銀座商店街にある、これまた老舗な感じのごはん屋さん。

お昼は1階で食堂としてオープンし、夜は2階で居酒屋っぽいお店になります。が、少なくともお酒無しで中華そばなど食べる範囲ではチャージはありません。

夜はもちろん、お酒やおつまみを頼んで味わうこともできますし、ボトルキープなんかもあるみたいです。

遅くても安心!

夜11時まで開いていますので、ひと仕事終わってからでも間に合うのが嬉しい。

飲み屋さんでも22時台に閉まることが多い彦根ですから、遅くまで開いているお店ってチェックしちゃいます。

甘味も美味! らしい…

このお店、中華そばが美味しいのですが… 実は甘味もすごく美味しいらしいとの情報。

とくに「ぜんざい」が絶品なんだとか。

今までの人生で食べた「ぜんざい」で一番旨い!

という話を聞き、ものすごく気にはなっているのですが、食べに行くタイミングがみつからず、なかなか…

-スポンサーリンク-


絶対食べてほしい「ミツワ食堂」さんの味

ミツワ食堂さんの味といえば?

そんなミツワ食堂さんのメニューで一番のオススメは、なんといっても中華そば

将来、彦根を離れることがあっても、事あるごとに彦根に来てはミツワ食堂さんで中華そばをオーダーしてしまうような気がするほどのお気に入りといいますか… とにかく何度でも食べたくなる味。

ものすごくいい意味で、「ごちそう」というよりも、「日常の食」なんじゃないか? と思ってます

メカタ

中華そば(680円)

ミツワ 中華そば

あっさりスッキリ醤油ラーメン… なのですが、なんだかそこはかとなく和風でおふくろの味テイスト。

夜遅くてもOKな味というか、毎日食べたくなるというか。

ラーメンといえば濃厚でコッテリした、個性の強いスープが主流になっていますが、こういう「家で食べる味噌汁」に近いようなラーメンってすごく貴重です。

今どき600円台というお値段も素敵! 他のメニューも充実しているのに、どうしても「コレ」ってなっちゃう。コショウを少しふって食べるのが似合います

メカタ

かき揚げ入り中華そば(880円)

ミツワ かき揚げ入り中華そば

中華そばに、揚げたてアツアツ、小エビたっぷりのかき揚げをトッピング。

中華そばとかき揚げ? と思わないでもないですが、あっさり和風なスープなのでよく合う。

しかもかき揚げの油でコクがプラスされて、なんだかもう独自路線。でも好き。

コショウよりも、七味唐辛子が合う。もはや中華そばか、そばか、わからなくなってくるけど…

これが好きな人も絶対多い

やきめし(800円)

ミツワ やきめし

中華そばだけで物足りないなら、オーダーしてほしいのは焼き飯

パラパラって感じではないので「炒飯(チャーハン)」ではなくて、断固「焼き飯」! でもその焼き飯感がたまらない!

ベニショウガがたっぷり乗っているのがまた素晴らしい。

土曜日のお昼にお母さんが作ってくれた的な感じで、食べるたびに「懐かしい!」って思っちゃいます

メカタ



親子丼(750円)

親子丼

やさし~い味の「親子丼」。

これもまた、「お母さんが作ってくれたような」雰囲気で落ち着きます。

鶏肉はちょっと少なめでふわふわの卵と、甘めの出汁がたっぷり。

でもそれがいい! という塩梅でした。お新香付き。

あっさりちゃんぽん(830円)

あっさりちゃんぽん

本当にごくごくあっさり味のちゃんぽんは、その名も「あっさりちゃんぽん」。

乗っているお野菜も控えめです。

一瞬「中華そばと同じスープだったり?」などと思ったのですが、そういうわけではなく味は全然違いました。

全体にとっても優しい味なのがミツワさん流。

「ちゃんぽんが食べたい」ではなく、「ミツワさんのちゃんぽんが食べたい!」と思うような気がします。

塩、味噌、あんかけ、ピリ辛などのアレンジメニューもありましたよ。

情報

ミツワ食堂
住所 : 滋賀県彦根市銀座町6-1
時間 : 11:00~23:00
定休日: 木


更新履歴

情報は書いた時点のものです。

2020.07.14 メニュー追加
2019.12.29 トップ画像更新、メニュー追加、お値段更新
2018.06.12 新規作成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です