醒ヶ井駅前の絶品! おふくろの味「おふくろバイキング みゆき」

おふくろバイキングみゆき

湖東や湖北を中心とした彦根以外のお店やスポットもご紹介します。

データなどは基本的に書いた段階のものになります。

今回はJR醒ヶ井駅前にある「醒井水の宿駅みゆき」内のおふくろバイキング 「みゆき」さん。

駅前駐車場などの改装のため、2018.12.01より一時閉店。2019.04.01リニューアルオープン

醒井水の宿駅みゆき

水の宿駅とは?

水の宿駅(みずのえき)」というのは、「道の駅」みたいなもの。

駅からすぐのところにあるとっても便利な施設。なのですが、最寄りは無人駅に近いような駅ですから、クルマで来る方のほうが多いのかもしれません。

駐輪場は駅前に無料駐輪場がありますので、そこに停めればOKかと思います。

醒井水の宿駅みゆきとは?

醒井水の宿駅「みゆき」さんはこんな施設。

  • 地元食材にこだわった食事処
  • 居醒の清水でたてたコーヒーの飲める喫茶スペース
  • 地域色豊かなお買い物コーナー
  • 地元ゆかりの作家の作品が並ぶギャラリー
  • 周辺の観光情報提供

いろんな施設がありますので、醒ヶ井観光などの際にちょっと立ち寄るのがオススメ。

醒ヶ井といえば「梅花藻」。梅花藻見物の際にもぜひ

醒井 梅花藻
夏が見頃! 醒ヶ井・地蔵川の「梅花藻」で涼を満喫

-スポンサーリンク-


おふくろバイキング「みゆき」

おふくろバイキングみゆき 外観

この、醒井水の宿駅「みゆき」さんの中にある、バイキングレストランがおふくろバイキング「みゆき」さん。

地産地消の地元食材でつくる、「おふくろの味」が楽しめるお店。

2019年4月にリニューアルしましたが、特に変更はなし。お店ののれんは新しくなりました。

おふくろバイキング「みゆき」のメニューは?

おふくろバイキングみゆき 看板

醒井の特産であるマスの料理、山菜や惣菜もお楽しみいただけます。

バイキング形式なので、お好みの料理を好きなだけお召し上がりいただけます。

滋賀ならでは、米原ならではの味をご堪能ください。

オフィシャルサイトの紹介はこんな感じ。

入口におすすめメニューも書いてありますので、確かめてからの入店もアリです。

定番メニューと季節のお惣菜

  • マスのお寿司
  • 野菜の天麩羅
  • おはぎ
  • 茶碗蒸し

こんなところは定番でありまして、それ以外は季節のお野菜を使ったお惣菜がズラリと並びます。

定番はどれも最高なのでお嫌いなものでなければ、絶対に食べてください!

メカタ

ある日のメニューは?

おふくろバイキングみゆき 料理

上右:マスのお寿司

上中:トマトと鶏肉のカプレーゼ風

上左:だし巻き卵、南蛮漬け

下 : ナスの胡麻和え、甘長唐辛子のたいたんなど

鶏肉の唐揚げやチキンカツ、カレーなど子供の好きなメニューや、デザートもあります。

お母さんやお祖母ちゃんが昔つくってくれたようなお惣菜なのですが… 材料がいいからか、調理が最高のなのか? とにかく素朴で美味しい。苦手な野菜やメニューでも美味しく食べられる! って驚きます

メカタ

絶品メニューは「おはぎ」

おふくろバイキングみゆき おはぎ

楽しみにしているのが「おはぎ」。

これがまた! ちょうどいい甘さで絶品なんです。

最後に(?)おはぎが食べられるように、お腹に余裕を持って食べてくださいね

メカタ

ファンの多いメニュー「カレー」

おふくろバイキングみゆき カレー

「みゆき」のカレーがとにかく美味い

そんなお話を聞いて、はじめて(!)カレーにチャレンジ。

大きなお肉がゴロリと入ったカレー。もちろん白ごはんもありますし、カツなどもありますので、勝手にカツカレーなどもできます。

このカレー、甘いのにスパイスが効いてしっかり辛い! ファンが多いのも納得です。

-スポンサーリンク-


お値段は?

お値段はすべて税込

  • 大人 1,500円
  • 小学生 750円
  • 4歳から小学生未満 550円
  • 3歳以下 無料

梅花藻のシーズンなどはお席がいっぱいの可能性も!? 11:00のオープンを目指すのがいいかもしれません。

13:30をすぎるとお料理の追加がなくなりますので、お早めに行くのがオススメです

メカタ

データ

醒井水の宿駅みゆき おふくろバイキング 「みゆき」
住所 : 米原市醒井688-10
時間 : 9:00-17:30(おふくろバイキング「みゆき」11:00~14:00)
席数 : おふくろバイキング「みゆき」席数36席
駐車場: およそ100台分


ローザンベリー多和田
お野菜たっぷりビュッフェを堪能「ローザンベリー多和田」
醒井 梅花藻
夏が見頃! 醒ヶ井・地蔵川の「梅花藻」で涼を満喫

更新履歴

2018.09.01 新規作成
2019.04.18 再度訪問したので追記(リニューアルにつき、外観なども更新)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です