花しょうぶ通りの雰囲気あるお店で かき氷&甘味を「氷茶屋 百笑」

氷茶屋 百笑

2018年7月24日(火)、花しょうぶ通り商店街に新規オープンされたお店

氷茶屋 百笑」さん。

ひゃくわらい」さんとお読みするみたい。

かき氷と甘味のお店「氷茶屋 百笑」

「氷茶屋 百笑」外観

かき氷と、甘味のお店だそうです。だから、ショーウィンドゥにレトロなかき氷機が置いてあるんですね。

かき氷好きなので、嬉しいですね!

メカタ

店内はすごく素敵な感じ。

「氷茶屋 百笑」のれん

スペースが贅沢に使われていて、落ち着けそう。

「氷茶屋 百笑」内装

でも、4人席1つ、2人席2つ、真ん中に大きなテーブル(6人くらい?)なので、座れる人数は少なめです。

-スポンサーリンク-


メニューは定番と季節の味わいと

メニューは「抹茶ミルク(850円)」や、「いちごミルク(750円)」などの定番かき氷と、「季節が笑うかき氷」という季節のフルーツをつかったものと。

クリームあんみつ(750円)」などのかき氷以外のメニューも少しありました。

季節のメニューはどのくらいで入れ替わるのか? とか、冬はどんな感じになるんだろう? とか。楽しみいっぱい。

たくさん食べてみたいけど、1回でアレコレは無理なのでまたそのうちお邪魔してきます。

そうそう、出てきたお茶が美味しかったー! お茶が美味しいのってそれだけで嬉しいですし、ワクワク感が高まります

メカタ

かき氷 ほうじ茶ミルク(750円)

「氷茶屋 百笑」ほうじ茶ミルク

香ばしくて甘いほうじ茶とミルクの組み合わせ「ほうじ茶ミルク

ミルクが繊細にかかっているので、上から下までずーっと同じ味なのが嬉しい。

ふわっと系の氷なので、多いみたいですがあっという間になくなっちゃいます。

かき氷 生桃(950円)

「氷茶屋 百笑」生桃

桃のシロップ(?)がたっぷりかかった、桃のかき氷「生桃」。

その名の通り、上に乗っているのは生の桃。1個分くらいはあるのかな? 食べやすいサイズなのでスプーン1本でラクラク。

残りの季節の味わいは「すももミルク(850円)」と「すだち(700円)」でした。

クリームあんみつ(750円)

氷茶屋「百笑」 クリームあんみつ

寒天に、もちもちの白玉、あんこ、季節のフルーツ、さらにバニラアイスクリーム

そんな豪華な面々に黒蜜をかけていただく「クリームあんみつ」。

作りたて感のある、むっちり柔らかな白玉。食感が楽しい寒天に、たっぷり黒蜜をかけて。

黒蜜って、あんまり美味しくないのは本当に甘いだけでイマイチなんですが、これはおいしい!

食感も味も、バラエティがあって贅沢な楽しみ。これはいい!

ぜんざい(せん茶付、800円)

氷茶屋「百笑」 ぜんざい

ぜんざい」は、焼いたお餅が入ったものと、白玉のものと、2種類から選べます。

どっちがいいか? 悩ましいですね。

甘さ絶妙の、上品なおぜんざい。小豆もおいしいですし、後味あっさり。香ばしいお餅とベストマッチです。

塩昆布で口を変えつつ、あっという間に完食。

彦根の冷たいスイーツがさらに充実!?

実は結構前から、内装などコツコツされているのを横目で見ていました。いつオープンするのかな? の思って見ていたので、「ようやく!」という感じ。

ここのところ彦根界隈… というか銀座商店街~花しょうぶ通り商店街にかけては、冷たいスイーツが充実しています。

ジェラートショップができて話題を集めていますし、以前から人気の天然氷のかき氷屋さんもあります(夏季の土日祝のみ)

ジェラートショップ「Gelateria Azzurro」
銀座商店街に世界一の(?)ジェラートショップ「Gelateria Azzurro」
データ

氷茶屋 百笑
住所 : 彦根市河原3丁目4-25
時間 : 11:00~18:00(L.O.17:30)
定休日: 火曜


お席少なめなのと、提供までがのんびりなので、土日なんかは入れないタイミングがありそう。駐車場も少ないので、徒歩での来店がオススメ

メカタ

更新履歴

情報はお店にうかがった時点のものです。

2018.09.01 正確な住所と地図に更新

2018.07.26にお邪魔したので、追記

2019.03.23 再来店したので更新

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です