彦根のパン屋 パン工房VIDAL

パン工房VIDAL

意外と少ない? と思っている彦根のパン屋さん。でも個性派なお店は多い印象です。

そんな彦根のパン屋さんをご紹介。お値段などは、基本的に訪問した日のものになります。

売り切れ必至の「パン工房VIDAL」

パン工房VIDAL 看板

琵琶湖岸沿いにひっそりたたずむパン屋さん「パン工房VIDAL(ビダル)」さん。

民家の並ぶゾーン、お店自体も民家ですので、見逃しちゃう人も多いよう。

写真の看板を目印に探してください。

おクルマはお店の前に停められます。自転車もその辺りにそっと停めさせてもらいましょう。

-スポンサーリンク-


オススメのパンは?

パン工房VIDAL 店内

お店には当然ですが、パンがいっぱい。

パン工房VIDALさんのパンは、生地がやさしくて甘めなのが特徴。だから、すごく懐かしい味がするような気がします

メカタ

パン工房VIDAL 店内

他のパン屋さんでもよく知っているような… というと語弊がありますが、それほど珍しいものじゃないパンばかり。

でもVIDALさんのじゃないとダメ! そんなふうに思わせる、魅力たっぷりのパンが並んでいます。

正直、どれも美味しいのですが、強いていうと? ですが、どれを買ってもハズレ無しです

塩ロール(80円)

定番中の定番、一番人気の塩パンこと「塩ロール」。バターたっぷり、ほんのり塩味のあのパン。

人気なので、いろんなお店でつくっていますが、VIDALさんの塩ロールが一番美味しい! と思ってます

メカタ

1個80円と安いので、ドサッと一気に買ってしまいます。あっという間に売り切れてしまう日もあったりして。

オレンジピールの入った「塩ロールオレンジ(120円)」も素敵ですし、あんを挟んだ「塩ロールアンサンド(120円)」は背徳的な味で、これまた素晴らしい。

えびすかぼちゃのクーロンヌ(180円)

クーロンヌとは、輪っかになったパンのこと。甘いえびすかぼちゃのあんが練り込まれたクーロンヌです。

ほんのり甘くて、おやつに最適。

人季節によって、かぼちゃだったり、さつまいもだったり、他のものだったりしますが、個人的にはカボチャがイチオシ

メカタ

抹茶マーブル ホワイトチョコチップ入(140円)

一番の新製品? 抹茶がマーブル状になったキレイなパン。ホワイトチョコがたっぷり入って、甘みも濃厚。

試食させてもらって「美味しい! 買う」となった一品。

キーマカレーパン(150円)

辛いパン… というかお惣菜パンもまた、なんだか懐かしい味。

キーマカレーパンは本格派なキーマカレーたっぷりで、いつでも食べたい味わい。

フランスパン ポテトサラダ(150円)

  
フランスパンに、ほくほくのポテトサラダがたっぷり。

お母さんのつくるようなポテトサラダが、柔らかめのフランスパンにマッチします。

-スポンサーリンク-


「パン工房VIDAL」さんはこんな感じ

譲り合って、速やかに

店内は3人も入ったらギュウギュウというくらいのスペースですので、譲り合って、かつ速やかに買うのがポイント。

お店の方はとってもフレンドリーに接してくださいます。

狙い目は午前中

問題はVIDALさんが、「10:00~売切次第終了」ってこと。

昼を過ぎて行くと、選択の余地がなかったり、すでに閉まっていたりします。

いろいろ食べたいならぜひとも午前中に

持って帰ってもよし、湖岸で食べるもよし

お店の目の前は琵琶湖。トップ写真のようにちょうどベンチもありますので、そこに座って食べちゃうのもオススメ。

近くに自動販売機もありますし、ちょっと移動するとコンビニもありますので、飲み物はその辺りで調達して。琵琶湖を見ながらの食事やおやつも、楽しいですよ。

情報
パン工房VIDAL
住所 : 彦根市松原町1097-6
時間 : 10:00~売切次第終了
定休日: 日曜、月曜


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です