道の駅「湖北みずどりステーション」で戦国時代の味を堪能!?

湖北みずどりステーション

湖東や湖北を中心とした彦根以外のお店やスポットもご紹介します。データなどは基本的に書いた段階のものになります。

今回は滋賀県長浜市の道の駅「湖北みずどりステーション」。自転車で遊びに行って、美味しいものを食べるにはピッタリの場所です。

道の駅「湖北みずどりステーション」

琵琶湖東北部、琵琶湖岸「さざなみ街道」(通称・湖周道路)沿いで、四季を通してさまざまな野鳥が訪れる水鳥公園内にあります。

四季折々に変化する風景は、訪れた人の心を必ず満たしてくれることでしょう。

湖面に映える幻想的な夕陽は「夕陽百選」にも選ばれています。

「道の駅」だから

みずどりステーションは「道の駅」。だから、基本はクルマやバイクで立ち寄る休憩ポイントです。

24時間使える大きな駐車場やトイレがあって、休憩所がある。ご飯が食べられるレストランがあり、地元の特産物を売るお店がある… という場所。

スペースが広々していますので、ゆったり過ごせます。

自転車置き場もあります

湖北みずどりステーション サイクルラック

自転車置き場… というか、サイクルラックもしっかり完備。

ラックは2台ありますので、自転車での訪問も安心です。

-スポンサーリンク-


1階で買って2階で食べる

湖北みずどりステーション 2階の眺め

建物の1階にレストランもあるのですが、直売所で買ったものを2階の展望スペースでいただくのもオススメ。あれこれ選んで持ち込みましょう。

ちなみに2階からの眺めはこんな感じ。のんびり外を見ていると、野鳥の姿も確認できるかも!? スペース内には水槽もあって、いろんな種類の可愛い湖魚も見られます

直売所で扱っているお弁当やお惣菜、正直どれも美味しい! のですが、この2つはマストで。

戦国いなり(3個入300円税抜)

湖北みずどりステーション 戦国稲荷

もち米入り山菜の炊き込みご飯がパンパンに詰め込まれた、お稲荷さん「戦国いなり」。味付け控えめで、じんわり美味しい。

浅井長政公が「炊き込みご飯をあげに詰めたものを戦場に持っていった」との記録が残っているのだそうで。それゆえの、「戦国いなり」。

浅井長政公のお膝元らしい名物です。

思っている以上にご飯が多いので、いろいろ食べたいなら1個くらいでやめておくのがいいかもしれません

メカタ

湖魚の唐揚げ(232円税抜)

湖北みずどりステーション 湖魚の天ぷら

季節の湖魚でつくった唐揚げや、天ぷらが一番の名物。

写真は「すごもろこ」の唐揚げ

サクサク、、塩加減もちょうどよくて、いくらでも食べられます

メカタ

データ

湖北みずどりステーション
住所 : 長浜市湖北町今西1731-1
時間 : 9:00~18:00
定休日: 第2火曜日(4月・8月を除く)
駐車場: 大型車11台、普通車67台


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です