自転車店のネーミングはどうする?【自転車店開業記001】

まず「名前」を決めちゃおう! ってお話。

でも、名前は大事なので慎重に。

最初の一歩は屋号から?

自転車店を開こう! と決めたら、まず考えるのは?

メカタ

とりあえず、屋号というか、お店の名前

やっぱり名前があると、感じが出るというか、気持ちが高まるというか。

先に決めて、心構えというか、ハラをくくっていきましょう。

勢いで突き進んでもいいのですが、屋号はずっと使いますから、しっかり考えて決めたいものです。

ネーミング、4つのポイント

自転車店のネーミングを考える場合、注意したいポイントが4つあります。

あくまでも「個人の見解」ですので、絶対そうしなきゃダメ! ではないです。

が、ちょっとだけ考えてみて「そうだなぁ」と思ったら取り入れるくらいで。

屋号は「侍サイクル」

ちなみにうちの屋号は「侍サイクル」。

侍がいるから「侍サイクル」
ちょっと安易な? ネーミング。

侍サイクル

参考

自転車の楽しみがみつかる「侍サイクル」彦根の自転車店「侍サイクル」

でも彦根城のお膝元という土地柄ですので、いいんじゃないかな? と思った次第。

最初は「いいのかな?」と思いましたが、しばらくするとシックリ来るようになってきました。



ネーミング4つのポイント

さて、ネーミングのポイントは4つあります。

  1. 自転車店だとわかりやすい
  2. おぼえやすい
  3. 呼ばれて恥ずかしくない
  4. 他のお店とかぶらない

1つずつご紹介していきます。

1.自転車店だとわかりやすい

パッと聞いて、「自転車屋だ!」ってわかりやすい名前にするほうがいいです。

「自転車店がある」ってことが定着しやすいですし、名前だけで判断できますから。

とくにお店がオシャレっぽかったり、外側から見にくかったりするなら余計に。

自転車店なのか? カフェなのか? 雑貨屋なのか? …… わかりにくいと、お客様を逃してしまうかも。

  • ◯◯自転車店
  • ◯◯サイクル
  • ◯◯バイシクル
  • 自転車屋◯◯

いろんなパターンがありますが、名前を見ただけで「自転車屋」ってわかりやすいものを。

「侍サイクル」と「侍商会」だったら、違うでしょ? みたいな感じ。

昔は「◯◯輪業」ってお店もありました。バイクも扱ったり、修理したりするならいいのですが、自転車だけなのに「輪業」はもしかしたら誤解を生むかも知れません。

名前的にわかりやすい方が、お店の存在が早めに認知されますし、必要な人が探した時にたどり着きやすくなるんじゃないでしょうか?

2.おぼえやすい

日本語だったり、平易な外国語だったり…

耳馴染みのいいというか、よく知っているというか。

おぼえてもらうためには、そんな言葉を使うのがオススメです。

フレンチとかイタリアンの小難しいレストラン名、何度か行った店でも思い出せないことってありませんか? そんな感じ。

たとえば、ライターとしての自分の屋号は「LA BICICLETA(ラ ビシクレタ)」といいます。

メカタ

スペイン語で自転車って意味。
メキシコにあこがれていたので
スペイン語にしたんですが…

が、コレ全然おぼえてもらえない。仕方ないです、こんな言葉知らないんですから。

これが「ザ バイシクル」だったら、もう少しおぼえてもらえたかもですし、「自転車」だったらもっと認知されたかも。

そう思うと、馴染みのない外国語は避けたほうがいいのかも。

おぼえてもらいやすい名前にしましょう。

3.呼ばれて恥ずかしくない

自転車店をはじめたら、基本は「屋号の一部 + さん」と呼ばれるようになります。

「メカタさん」なんて呼ばれない。
侍さん」です。

侍サイクル

一番ベタな「苗字 + 自転車店」なんかの場合、たとえば「メカタ自転車店」だと「メカタさん」なので、本名と同じ。

でも、「世界一自転車店」とかつけちゃうと「世界一さん」と呼ばれる。

「こう呼ばれる」と想像してみて、恥ずかしいならその名前はやめたほうがいい
かも。

「侍さん」と呼ばれているのも、ちょっとヘンなのかもしれませんが… 自分たちは意外と平気です。

4.他のお店とかぶらない

基本ですが、「他のお店とかぶらない」っていうのも大事

自転車店同士でかぶるのも困りますが、近くにある全然別の業態のお店とだってかぶらないほうがいい。

「親戚?」「系列店?」なんていわれる可能性も。

「彦根サイクル」とか、ベタな地名だったらいいんですけど、そうじゃないなら、関係者と勘違いされる可能性大です。

「これだ!」って屋号が思い浮かんだら、検索してみたり、周囲を歩き回って、かぶらないかチェックしてください。

名前を決めるときは?

ドメインをチェック

お店の情報を発信するためにも、独自ドメインくらいは取りたい。

ってことで、シンプルなドメインが取れるかどうか? 事前にチェックしておくといいです。シンプルなドメインがむずかしいなら、屋号から再考の余地ありかも!?

いいのがあれば、すぐに抑える手も。最近はドメインもお安いので、早めに動くのが良さそうですよ。


ハンコを作ろう

これはもう少し後の段階でもいいのですが、お店のハンコは絶対必要です。

このご時世に? と思いますが、店舗のゴム印を求められることも多いので、やっぱり必要。

店の住所を手書きする書類もたくさんありますので、省力化のためにもハンコを。

店名、住所、電話・FAXは必須。その他の情報は必要に合わせて。

一体型ではなく、1行ずつ取り外し可能につくると、あとから情報が変わっても安心ですし、必要な部分だけ使えますので便利です。


続きは自転車店は無資格でOK【自転車店開業記002】でどうぞ

自転車店を開くには?
ゼロから始める【 自転車店開業 】生活 【自転車店開業記000】
自転車店は無資格でOK
自転車店は無資格でOK【自転車店開業記002】
自転車店の立地
立地に正解はない! けど、家賃は大問題【自転車店開業記003】
自転車店は1階で
自転車店の店舗探し… 店舗は1階に限る【自転車店開業記004】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です