実店舗ならではの「強み」「利点」を考えたら?【自転車店開業記010】

【自転車店開業記010】実店舗の強みって

いろんな世界でネットショッピングが大人気です。

家に居ながらにして24時間買える・届くの利便性に加え、品揃えでも価格でも実店舗は到底太刀打ちできません。

だったらどうする? 実店舗の「強み」や「利点」がどこにあるのか? 考えるのが大事ですし、それを踏まえて「どんなお店にするか?」考える必要がありそうです。

実店舗は通販に敵わない!?

身も蓋もないですが、実店舗は通販に敵わない部分がたくさんあります。

とくに絶対勝てないのは、品揃え。そしてスピードでも負けちゃいます。

ネットで検索 → その場で注文 → 明日には届く

こんなの実店舗ではなかなか難しい。

たとえ在庫があっても、店舗まで行く手間や時間、交通費などなど考えれば、配送を待つほうがメリットがあったりします。しかも価格だってネットの方がお安いことが少なくありません。

だからこんな部分で勝負するのが間違い。いや「勝負」って考えること自体がもうダメなのかもしれませんが。

だから、実店舗ならではの「強み」「利点」というか、実店舗だからこそ存在する価値を提案&提供していくことが大事。そう思います。

-スポンサーリンク-

年会費3400円(税込)【月々換算283円】~のロードサービスなら?
自転車ロードサービス

実店舗の「強み」「利点」って?

物販、なかでも決まったものを売るという点ではなかなかに厳しいですが、その他の分野ならまだまだ! 実店舗のメリットはありそうです。

技術・サービスを提供する業態なら

技術やサービスを提供する形式は、まだまだ実店舗が強いというか、それしかないというか。

通販の散髪屋さんは難しいでしょうし、外食系もなかなか難しい。

何かを教える教室や講座、お店が主体となって行うイベントなどもこの範疇かも。

自転車店でいうなら、パンク修理やメンテナンスなどの工賃をいただいて、技術を提供するもの。取り付けがある程度以上難しいカスタムや小物の販売などは、実店舗に利点がありそうです。

コンサルティング販売なら

自分で情報を集めても、どれを選んでいいかわからないなど、専門家に教えを請いたい場合はやっぱり実店舗が便利。

買った後もサポートが必要なものなどは、とくにその傾向が強くなります。

スタッフの専門知識や接客スキルが必要になりますが、ここもやっぱり重要。

自転車店だと「何を選んでいいかわからない」とか、「やりたいことを実現する方法が知りたい」みたいなところから、ご相談しつつ… というパターンがあります。購入に結びついても、そうでなくても、自分たちとしてもとっても楽しい、大好きな部分。

ただし、お店で情報だけ得て、やっぱり通販で買うなんて方もあったりしますが…

メカタ

実物や近いものを見たい、試したいなら

実物を見たい、試したい、手に取りたい、風合いを確かめたい… 場合はやっぱり実店舗。これは通販では難しい部分ですから。

でも、そのためには店頭に在庫やお試し品を置いておく必要がありますので、場所や予算という面などで、多少の問題がありそう。

自転車店だと、「自転車を触ってみたい」「乗ってみたい」という需要が多いです。折りたたみ自転車なんかはとくに! 実車に触って、乗っていただくのって大事です。

対応するにはリスクもありますし、お試しだけしてやっぱり通販でという人もいます。リスクをメリットが上回るかどうか? 見極めないとですね 

メカタ

即時性なら

今すぐ! 今日中に! という超特急の需要はまだまだ実店舗でないと難しいですよね。

生鮮食料品なんかは通販もありますが、やっぱり近くのお店で買う人が大半なはず。

この超即時性という点では、勝ち目のある業態も多そうです。



新たな実店舗の「強み」をどうつくる?

これまで書いてきた「実店舗のメリット」は、基本的には昔ながらのもの。

上記だけだと、ジリ貧のような気がします。じゃどうするの? っていうと、ここに何がプラスアルファできるか? が大事だと考えています。

大事なのは「場」というか、「人」「関係性」じゃないかと。

「場」づくりが大事

  • 店の人と話したい
  • 誰かと会いたい
  • なんとなく足を運んでしまう
  • あの店(人)と関わりたい

そんな場所。

「なんだか楽しそう」で、「その仲間に入りたい」「関わってみたい」と思ってもらえるような魅力的な店がつくれれば、実店舗ならではの「強み」や「利点」につながるんじゃないかとは考えています。

侍サイクルでは積極的に「場」づくりをしている! というわけではありませんが、あまり用事がなくてもつい行っちゃう店になれればいいなと思っています。

また「いつも何かおもしろそうなことをしている」と目が離せない店になりたいとも願っています。

などとエラそうにいいつつ、自分たちが趣味丸出しで遊んでいるだけだったりするんですが

メカタ



でも「場」「人」「関係性」だけでもダメ… かも

自営業やフリーランスなんか長くやっていると、どうしても性格が悪くなる… というか穿った見方をするようになってしまうもの。

「場」をつくり、「関係性」さえつくれば盤石だ! なんて言いませんし、言えません

人がやたらと集まるのに儲からないなんてこともよくよくあるから。「タダ(もしくは安価)で遊べる場」を欲しているだけというんでしょうか?

自転車店にしても、常連さんが多数集う店なのに潰れちゃったなんて例も見たことがあります。

だから「場」「人」「関係性」でいいんじゃなくて、まだその先があるんだろうなという気がします。

そこを見つけるのが、今後の課題かもしれません…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です