彦根城のお正月2019年 「具足飾」は1月7日まで

彦根城のお正月2019

彦根城界隈も、お正月にはその時だけの顔を見せてくれます。

毎年恒例ではありますが、お正月に彦根に足を運ばれることがあれば、ぜひ彦根城へ

彦根城のお正月飾り

毎年恒例の立派なお正月飾り。

どちらも無料エリアなので、ちょっとお立ち寄りを。

もちろん有料ゾーン(彦根城天守へ)もぜひ

表門橋を渡ったところに

彦根城のお正月 門松

彦根城のメイン玄関ともいえる「表門」。

橋を渡ったところに、毎年立派な門松が飾られます。

彦根には大きな門松を飾る店も多いのですが、やっぱりここ! 彦根城が一番じゃないかな?

エントランスの作品も

彦根城のお正月 華道

チケット販売コーナーといいますか、彦根城博物館の前といいますか。

ここにもお正月らしい大きな作品が展示されます。

ひこにゃんのボードもありますので、絶好の撮影スポットにもなっています。

-スポンサーリンク-


彦根城博物館での特別展示

彦根城の表御殿(彦根藩の政庁と藩主の住まいを兼ねた建物)は、現在再建されて、「彦根城博物館」になっています。

入館料は500円。彦根城・玄宮園と博物館のセット券だと1200円。ちなみに彦根城・玄宮園のみは800円なので、セットにすると100円お得になります。

彦根城博物館

相当何度も訪れていますが、いつでも異なる展示で楽しませてくれる施設。解説もわかりやすいですし、オススメ。

内部には能舞台や、お茶席もあります。

一部撮影禁止ゾーンもありますが、基本はストロボを使わなければ撮影OKというありがたさです。

お正月のみの具足飾

武家では、正月や戦などのお祝いごとを行う際に、具足(鎧兜)を鏡餅や太刀などで飾ったとの風習があるそう。

この風習に則って行われるのが「具足飾」です。

どの藩主の甲冑が使われるか? は、一定しません。

2019年の具足飾は?

彦根城博物館 具足飾

2019年の具足飾は、井伊直弼公の甲冑。

井伊直弼公は、背も高く、恰幅のいい人物だったといわれます。具足のサイズもかなり大きめ。

背も高いけど、太ってもいたんだなぁ… なんて。朱色縅の美しく、大きな甲冑。ひときわ立派に見えました。

期間は1月1日~1月7日だそうですので、見たい方はお早めに!

彦根城


彦根城明かり2018
彦根城ライトアップ「城あかり Dramatic Legacy2018」
ご城下にぎわい市タイトル
彦根の春は「ご城下にぎわい市」からやってくる?
彦根の桜 2018 開花情報【2018.04.05更新】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です