2019年の手帳、どうしよう? 理想の手帳探し

2019年の手帳問題

2018年の終わりも見えてきてしまいました。

この時期「来年の手帳どうしよう?」と悩んでいる人も多いはず。そういう自分も、もう頭から煙が出るくらい悩んでいます。

  • MDノート
  • トラベラーズノート

この2択かな? まで来ましたが、良くも悪くも決め手がなくて。問題整理とメモを。

2019年の手帳、どうしよう?

経営しているお店、ライターのお仕事、それ以外のプロジェクト、遊びと家庭の予定を最低限管理しつつ、メインはメモ

取材ノート、アイデアノート、覚書… 書くことは比較的多いです。

でも以前と違って「手帳タイム」みたいなのは設けないので、みっちり手帳に書き込んで「魅せる・見せる手帳」を作ることはない… という感じ

2019年の手帳に望むもの

2019年はこういう手帳がいいなと、つらつら

  • サイズはA5前後、できれば方眼
  • スケジュールは最低限、マンスリー1ページでいい
  • 前後2年分くらいのカレンダーは見たい
  • 自由記載ページは多め
  • どんな筆記具でも書きやすいといい
  • ステッカー・チューンしたい
  • でもビジネスにも向いた落ち着いたものだといいな

この条件を(できるだけ)満たす手帳を探したい! というが目標です。



MDノート

最有力候補はMDノート

同シリーズの手帳もありますが、普通の方眼ノートを。

そのノートに別売のカレンダーシールを貼れば、手帳的に使えます。

表紙がシンプルなのでステッカーチューンできますし、透明のカバーも売っていますので持ち運び時に汚れることもありません。

これまた別売で、落ち着いた茶色のカバーも売られていますので、ビジネスを目指すなら透明カバーではなく、そっちのカバーもありかも。

好みには近いけど、ちょっとビジネス向けとしては重厚さが足りない感じがするのが悩みどころ。お値段は比較的安めで、そこはとっても嬉しいポイントです

メカタ

トラベラーズノート

言わずもがなのトラベラーズノート

スケジュール帳もあり、ノートもあり、スクラップブックもあり。

牛革の表紙がかっこよくて、使い方の自由度高めなのが嬉しい。

有名でもあり、歴史もあり、あこがれもあり。

一度使ってみたいけど、でも自分には合わない気もして、「これにする」との決め手には欠けています。

使いこなせる自身がないのに、うっかり買っちゃいけないくらいのお値段なので、ちょっと悩ましいです

メカタ

-スポンサーリンク-


これまでの手帳遍歴

高校生時代からずっと、とりあえず手帳は使っています。

生活が変わると必要な手帳も変わりますので、手帳選びはいつも悩ましいですね。

使用をやめた手帳も「今も自分には合わない(合わなくなった)」だけで、ピッタリ合う人や生活もあるんでしょうね。

ほぼ日手帳

なんだかんだと5年以上使ったのがほぼ日手帳

最初はオリジナルを。

その後はカズンやWeeklyも使いましたし、カバーもさまざまなタイプを試してみました。

当初は「とにかくたくさん書けるもの」を求めていましたので、最終は一番大きなカズンに落ち着きました。

が! 最近は「毎日」は書くこともなくなり、小さな不満もあり、さらに活動内容にも賛同できなくなったので、使用をやめました。

yPad

2018年は、手帳・アイデア帳としてyPadを選択。

向いていた点

  • 表紙がステッカーチューンできて楽しい
  • 2週間単位でスケジュール管理できる
  • プロジェクト単位の書き込みができる
  • 自由記述できるページが多い
  • 180度開いて書き込みやすい
  • 方眼

合わなかった点

  • 自分で日付を書き込んで使うのが面倒
  • A4見開きは大きすぎて大変
  • そこまで複数プロフジェクトもないので使わないスペースが多い
  • 今見るべきページが探しづらい
  • 書くことが多すぎても、少なすぎてもなんか困る

結局2019年どうしたか? はこちら

2019年の手帳、これで行こう
2019年の手帳は「MDノート」と「野帳」! 君たちに決めた

2020年はどうなったか? はこちら

2020年手帳会議
2020年の手帳どうしよう? 今年もまだまだ惑います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です