滋賀漫画004 笠原真樹『群青戦記 グンジョーセンキ』

滋賀漫画 群青戦記

気にして探しているのにそんなに見つからない滋賀が舞台の漫画・滋賀が登場する漫画「滋賀漫画」。数少ないだろう滋賀漫画を探し出して(?)ご紹介。

滋賀の方は「よく知っているところが出てきてる~」と楽しむのもいいし、滋賀以外の方は「滋賀ってこんな県なんだね」って知ってください。

『群青戦記 グンジョーセンキ』はどう滋賀漫画?

学校の校舎ごと戦国時代にタイムスリップした高校生たちが、戦に巻き込まれていく『群青戦記 グンジョーセンキ』。

舞台は「滋賀県にある全国屈指のスポーツ強豪校・私立星徳(せいとく)高校」という設定。

校舎から安土山が見えているので、安土周辺にある設定。戦国時代にタイムスリップする際、時間は動いても場所は動いていない様子。そのため、織田信長のいる… というか安土城のある辺りに舞台を設定する必要があったんじゃないでしょうか?

滋賀のご当地漫画というよりも、歴史ネタではありますが、はじまりの舞台は現代なので、『群青戦記 グンジョーセンキ』もやっぱり「滋賀漫画」。電車で安土を通るときなど「この辺りにあったのかな?」なんて思ってしまいます。

『群青戦記 グンジョーセンキ』とは?

2017年に全17巻、第一部完という形で終わったこの漫画。

戦国武将 VS 高校生アスリート

テーマは「戦国武将 VS 高校生アスリート」。スポーツ強豪校の生徒たちが、それぞれの部活でつちかった能力で名だたる戦国武将らと対峙します。

弓道部、剣道部、フェンシング部、薙刀部… なんて強いのがよくわかる部活もありますが、卓球部や体操部員もその特殊技能を駆使して立ち向かう。

結構な人死も出ますので、そういうのが苦手じゃない方に…

メカタ

ちなみに、タイムスリップした時代は「1576年から1582年、その6年間のどこか」と作中で出てきます。これって要するに、安土城はあるけど、織田信長は死んでないから… ってこと。

主人公は「歴史がわかる = 未来がわかる」

この私立星徳高校、表向きは爽やかなスポーツ校なのですが… 主に部活での貢献度によって決まっていくスクールカーストが明確にあり、裏ではいじめや差別が横行。2人の自殺者を出している… というところから物語はスタート。

主人公は弓道部ではありつつも、本番には弱く、実力が発揮できないタイプ。当然ながらスクールカーストは下位。しかし実力がないわけではないこと、大の歴史マニアで、授業などでは出てこない範囲を含めた知識もあること… などが要因となり、タイムスリップ組の中心人物となっていきます。

歴史に詳しい = 未来が(ある程度)わかる」ですから、そりゃもう有利。

彼らがどう生き抜くのか? そして元の世界には戻れるのか?

「第一部完」扱いとはいえ、一応の完結を迎えてますから、安心して読めそうです。

- スポンサーリンク –


戦国×タイムスリップな漫画といえば?

戦国時代にタイムスリップする作品はたくさんありますので、キリはないのですが。。。

どれも趣向が凝らされていてそれぞれ面白い。

好きな作品がたくさんなので、滋賀とは関係ないですが少しだけご紹介

戦国自衛隊

現代人が戦国時代にタイムスリップっていうと、名作『戦国自衛隊』が。

武器をいっぱい持った自衛隊でも… だったんわけで。『群青戦記』はいくらトップアスリートとはいえ高校生ですし、武器も貧弱ですし… 

アシガール

戦国 × タイムスリップといえば『アシガール』も

こちらは永禄2年の設定なので舞台は1559年なので、『群青戦記』よりも少し前。

この漫画、黒羽城や小垣城が出てきますが、黒羽城は栃木、小垣城は兵庫なので、実在した城とは無関係なんでしょうね。

信長協奏曲

主人公が信長と入れ替わっちゃう『信長協奏曲』は、どこかの時点で完全にリンクするはず。

主人公のサブローは、歴史を全然知らないのでそこが面白さの要因にもなってます。

歴史オタクな『群青戦記』とはそこが全然違いますね。

信長のシェフ

現代からフレンチのシェフ・ケンがタイムスリップしちゃう『信長のシェフ』も、同時代。

2011年連載開始から読んでますから、長いおつきあいになってきました。

ケンは記憶喪失ですが、歴史の知識はある程度はあるみたい。フレンチの技と、少しの歴史知識を駆使しつつ、料理で戦国武将と向き合っています。

三成さんは京都を許さない
滋賀漫画001 さかなこうじ『三成さんは京都を許さない』
滋賀漫画 ヤマノススメ
滋賀漫画002 しろ『ヤマノススメ』
滋賀漫画・びわっこ自転車旅行記
滋賀漫画003 大塚志郎『びわっこ自転車旅行記』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です