【台風により途中中止】彦根夏の風物詩!? 鳥人間コンテスト2018開催

鳥人間コンテスト2018

毎年行なわれている「鳥人間コンテスト」。

まぁあの、読売テレビで放送している人力飛行機の飛距離を競うアレです。

彦根に引っ越すまではまったく知らなかったのですが、このイベント? コンテスト? は彦根で開催しています。

残念ながら…

鳥人間コンテスト2018は台風12号の影響により、残念ながら途中で中止になりました。

本来は28日(土)に「滑空機部門」、29日(日)に「人力プロペラ機部門」の予定でしたが、療法を28日に実施と決定。

午前中と、午後から4チームが飛んだ時点で天候が悪化。競技続行不能となってしまい、部門不成立となったそう。

せっかく準備してきたのに… と思うと残念ですが、悪天候には勝てません。安全性の確保も大事ですからね…

メカタ

7月になると「プラットホーム」出現

琵琶湖に向かって飛んでることはわかってましたが、彦根だったか~! という感じでした

メカタ

7月に入ったくらいから、琵琶湖岸の「松原水泳場」のあたりに、「プラットホーム」と呼ばれるこういうのがつくられていきます。

鳥人間コンテスト プラットフォーム

そう、飛行機を飛ばすときに上るあの… まぁ発射台ってことでしょうか?

湖岸にこれがつくられているのを見に行くのが、彦根の夏の風物詩みたいなところもあったりして。

ちょっと上るのは無理ですが…

このプラットフォーム、毎年湖岸で、そしてTVで見ていますので、すごく親近感がある。

だからなのか? 単に暑いからなのかわかりませんが「ちょっと上って、ここから琵琶湖に飛び込んでみたい!」なんて思ったりします。ついつい毎年思っちゃったりもするのですが。。。

まぁあの、当然そんなことさせてもらえません。

工事の人や警備の人がしっかり見張っているらしく「ちょっと上る」なんてできないんだそう。

残念… な気もしたりしますが、危険ですからね、もちろん。

その昔は上っている人もいたなんて話も聞いたりしましたが… どうなんでしょうね?

メカタ

毎年当日イベントがある! …はずなんですが?

鳥人間コンテスト当日は、観覧場所なんかも設けられ、司会の方や、盛り上げ役の芸人さんなんかも来られて、例年賑やかなんだそう。観覧者には団扇なんかの記念グッズもあったりします。

2018年も当然ある… んだろうな? と思っているんですが、コンテスト参加者向けの情報は(それなりに?)充実していても、観覧情報はまるでなく…

だから今年は何があるのか? はたまた何もないのか… わかりませんが、話の種に? 見に行ってみるのも楽しそうです。

観覧はJR彦根駅からシャトルバスが出ているそうですので、そちらをご利用ください。クルマの駐車場などはないですし、混雑もしますので公共交通機関もしくは徒歩でどうぞ。

週末はちょっと暑さもマシみたいなので、競技日和、観覧日和になるかもですね。あんまり暑いと競技者さんも心配ですから、ある程度の気温&お天気になってほしいですね。が、天気予報はちょっと… 大丈夫なのかな?

メカタ

データ
鳥人間コンテスト2018
期間  : 2018年07月28日(土)~07月29日(日)
時間  : 28日7:30~、29日6:00~
場所  : 琵琶湖 松原水泳場


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です